松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



やわらかい色で

おはようございます。

本日ご紹介の生菓子はこちら。


こなし製。中はこしあんです。

少し抑えめの色合いで仕上げました。

着色というのは和菓子を成形するのと同じく、職人それぞれの個性が出ます。

私はこのようなやわらかい色で仕上げる方が好きです。しかし、時と場合によっては強めの色を出してこそ和菓子が引き立つような事もあります。

色はお客様の側からしますと、香りや味よりもいの一番に訴えかけてくる視覚的な要素です。

だからこそ着色というのは一層気を使わなければならないのです。