松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



無邪気

昨日一日、子供の頃のように無邪気にはしゃいできました。

私が子供で娘が親のような関係で、いつもパパ!もっと落ち着きなさい!とたしなめられる事が多い私ではありますが、それでちょうどいい立ち位置ではないのかと納得しています。

娘3人との付き合いはそれでいいのではないでしょうか。


26年ぶりの浅草。


浅草寺


そのまま、若い頃から一度は行ってみたいと思っていた花やしきを予定していましたが、方向転換して抹茶アイスを食べた後でスカイツリーへ。



一度は乗ってみたかった隅田川のクルージング。


一日を目一杯遊びました。

LINEや電話では頻繁にやり取りする娘ですが、実際に会って直接話をするのはやはり嬉しいものです。

私もおしゃべり、娘もおしゃべり。一日中お互いに息つく暇のないほど色んな話をしました。

普段あまり娘の事を心配していないと自分では思っていましたが、そうではなく心の中ではどこか心配しているのでしょうか。弾けるような笑顔とはずむ声にやっと安心した自分がいたように思います。

もうすぐ娘も社会人となり、学生である今のようにはいかない厳しい世界に足を踏み入れる事になります。

挫ける事なく、元気な笑顔のまま和菓子道を突き進んでもらいたいものです。

卒業前に一日時間が取れ、娘と真正面から向き合えたのは私にとっても本当に良かったと思います。

明日からまた笑顔で頑張ることができそうです。