松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



マイナスよりもプラス

私には揺るぎない一つの信念があります。

それは常に前向きな姿勢で毎日を送る事です。

誰と会う時にでも私は負の話はせず、楽しい話しかしないように心がけています。また、このブログ内でもマイナスの話題は努めて書かないようにしています。

どなたもそうでしょうが、そのような話題は面白くないでしょうし、気分も優れないでしょうから。

また、私は人の噂話も好きではありません。その話が真実なのかどうかは全く判断出来ないからです。実際に本人と会ってみないとそれが本当なのかは誰もわからないはずです。

かく言う私も噂話で随分傷つきました。また、今までの人生でも辛い事や悲しみに耐えられなくなりそうになった事も少なくありません。

先日このブログで少し書きましたが、左耳の調子が悪く今日手術をしてまいりました。


柔道やレスリング、ラグビー選手が患う耳に血がたまる症状のようです。これから一週間、抜糸するまで少しの辛抱です。

年齢を重ねてくると、色んな負のエネルギーに押し潰されそうになります。泣きたくもなります。

それでもこの世に生を受けた以上、前を向いて自分にハッパをかける義務があると私は思っています。

今回マイナスの話題を書きましたのは、いつもプラスの要素しかブログで書いていないので、最近は幸せでいいねとか、羨ましいなどと声をかけられる事が多くあったからです。

私には私だけの大変な事案もあるのだとわかっていただきたく、少し書かせてもらいました。

負のパワーに打ち負かされそうになっても、元気で明るく過ごしたいものです。そういった姿勢が人には必ず伝染するのだと私は考えています。

家族のためにも、自分のためにもこれからもそうありたいと思います。

今日のお昼には家族そしてパートさん達に食事を振る舞いました。


これは私の心を安定させる一つの大切なルーティンでもあります。

これだけで人に喜んでもらえますし、自分自身も笑顔になれる。そんな気がしています。

病院の帰りにコンビニに寄ってコーヒーを買ったのですが、ビールが当たりました。


それも500mlの大きい缶。

店員さんと笑い合って、なんだか幸せな気分になりました。

抜糸まではお酒禁止だそうで、一週間先の楽しみにしたいと思います。

人間というものは多くの苦しみや悲哀に少しの幸せがちょうど良いのかもしれません。だから幸せを本当に幸せだと噛み締められるのではないでしょうか。

マイナスよりもプラス。

私はこれからもそんな心持ちでまいりたいと思います。