松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



紫色の季節

桜の花が全盛の時代はあっという間に過ぎ行きます。

今年は雨が降らなかった事もあり、開花こそ早かったですが、いつもよりは長きに渡って楽しめたのではなかったでしょうか。

写真こそ撮りませんでしたが、昨日も私のお気に入り桜スポットである五条川へ赴きましたが、すでに桜の若芽が花と半分ずつくらいの割合まで押し迫り、風に舞う桜の花がとても美しく私の目にうつりました。

川面に浮かぶ桜の花は一面とはいかないまでも花筏となって楽しませてくれました。

このような素敵な景色が終わりを告げた頃、次は紫色の季節がやってきます。


少し先取りですが、藤の花の焼印をあしらった羽二重餅製の生菓子をお店に並べました。

丹波大納言小豆の粒あんでのご提供です。

藤の花も桜に負けず劣らず素晴らしいものです。

今年の藤の開花は桜と同様に少し早くなるのかもしれません。

タイミングを逃さないよう、追いかけてみたいと思っております。