松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



リスタート

四月に入り、お弁当作りがリスタートしました。

高校を卒業した次女のお弁当はもう作る事がないと思ってましたが、学食や外食よりもお弁当がいいと言うので、これからも変わらず毎日2セットずつ作り続ける事になりそうです。

正直なところ、とても嬉しかったです。

毎日、美味しかったと言ってもらえるのは何よりも嬉しく幸せな気持ちになります。


お客様のご注文分と一緒に蒸しあげたお赤飯とトンテキと牛焼肉セットです。

女の子の持つような可愛いお弁当ではないかもしれませんが、学校でも毎日友達に堂々と見せているそうです。

私はお弁当のご飯を時々こうしてお赤飯にするのですが、当然友達からは何かお祝い事でもあったの?と聞かれるそうです。

誰もお赤飯をお祝いでもないのに持ってくる子はいないでしょうから。

元気の源は食事から。

毎日元気で出かける娘たちを見ていると、やる気も出てくるというものです。

娘も私も笑顔でいられるために、もうちょっと頑張ろうと思っています。