松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



今年もらっきょうスタートです。

父の大好物の一つにらっきょうがあります。

毎年、私が漬けたらっきょうを一年かけて食べるのを楽しみにしてくれています。

昨年は5キロ漬けましたが、途中で無くなってしまったため、今年は父が勝手に10キロに増量して島根県から購入していました。

らっきょうを漬けるのは実は結構大変なのです。

塩漬けして二週間。そのあと、塩抜きして本漬け。本漬けから一カ月でやっと食べられるのです。


今回は4つの瓶で計10キロを一人で塩漬け完了しました。

二週間待ってから本漬け。

それまでは毎日、発酵を促すために瓶のらっきょうを攪拌する日課が待っています。

私に一任している父はあまりこのらっきょうの酢漬けの大変さを感じてはいないでしょうが、喜んで食べてくれる父の顔を見るとやはり頑張らなければなりません。

もうちょっと待っててよ。特製の美味しいらっきょうが出来上がるまで。