松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



浜千鳥

浜千鳥

そう名付けてお店に並べている羽二重餅製の生菓子です。


中のあんは備中白小豆のこしあんです。

焼印は千鳥の図案を採用しました。

干潟や砂浜でよく見かけるくちばしの短い海鳥の総称として千鳥と呼ぶのですが、この千鳥の図案は昔から和柄の代表的なものとして知られています。


とても可愛いデザインで、現代でも充分通用する図案だと思うのですが。

また男性、女性問わず服の生地によく使われる千鳥格子の図案も世間ではよく知られたものです。


すでにこの千鳥格子の柄は千鳥の原型をとどめておりません。しかし、もともとは千鳥の図案から派生したもので洋風のように見えますが、こちらも和柄であります。

和菓子によく使う図案は結構、江戸模様など昔から日本で親しまれてきた和柄をもとにしているものも少なくありません。

これからもこうした和菓子をご紹介する際にご説明とともにお話していきたいと思います。