松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



色って面白い

松屋長春の羽二重巻は通年商品ですが、季節に応じて中のあんの色を変えます。


ついこの間まではプレーンの白色だったのですが、紅葉の季節を迎え、このタイミングで紅色のあんになりました。

ちょっと写真では分かりにくいですかね、申し訳ございません。

羽二重餅の生地は基本的に真っ白がいい。純白の生地がやはりどう考えても美味しく目に映ると考えているからです。

そしてこの羽二重巻の中のあんは何故だか紅色が一番しっくりくるのではないかと思っています。夏には緑色やブルーなどの配色。それはそれでぴったりとマッチしているように思うのですが。

和菓子は色々な生地があります。またあんも種類は様々。

その中で色合わせを考え、頭の中でイメージを膨らませる時が一番面白いと感じているのかもしれません。

色のマッチングが成功した時にはスカッとした心地よさを感じます。

色って面白い。