松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



銀杏の黄葉

銀杏の黄葉を表現した外郎製の生菓子です。



風にたなびく銀杏の葉。枝から旅立ち、ハラハラと舞い散る銀杏の葉。

緑から黄色へ移りゆく姿はとても美しいもので、またそのグラデーションの頃を過ぎますと黄金色に染まった絵画のような情景を私たちに届けてくれます。

地平線まで延びゆくほどの稲のゴールドもとても好きですが、稲のようにオレンジが少し差したゴールドではなく、純粋な混じりっけのないイエローはゴージャスでロマンティックです。

お話は和菓子に戻りますが、先日ご紹介しましたぎんなん餅とは違い、この生菓子にはぎんなんは入ってはおりません。

外郎のしっとりとしたシルクのような生地と岡山県が誇る備中白小豆のこしあんの口溶けのバランスは最高だと思います。