松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



丹波

昨日仕上がった丹波春日大納言小豆の粒あんです。


素晴らしいあんだと自認しております。

火を入れるタイミングや止めるタイミングなどの細かいところはやはり経験と見る目が必要にはなりますが、私の和菓子職人としての力量とは関係なく、あんそのものの美味しさは使用している豆の程度に比例するものだと思います。

岡山県備中白小豆やこの兵庫県丹波春日大納言小豆などは国内でも最高の唯一無二の存在であります。

毎年秋になりますと、丹波篠山の仕入れ先からお歳暮代わりとして枝豆が送られてきます。


丹波黒さやという銘柄だそうで、普通の枝豆とは違いとても粒が大きくて味の濃いのが特徴であります。

昨日の夜、少し時間があったのでこの枝豆を使って料理をしました。


まずはシンプルに枝豆の塩茹で。

一番そのものの味や香りがわかります。

美味しいです。


次に豚肉と小麦粉を少々加えて、ハンバーグ風にしてみました。

食感や味も抜群でした。パン粉をまぶそうか最後まで迷いましたが、素揚げで正解でした。


最後は枝豆ごはん。

とてもいい夕飯でした。

産地の確かなもの、美味しいものはやはり値段が高額です。しかし、そこには揺らぐことのない信頼があります。

良い材料を使い、その良さを自分の腕で高める。

お客様に喜んでいただけるような和菓子をご提供できますように、

良いものを知る

良いものを選ぶ

良いものをつくる

精進を重ねなければなりません。