松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



和菓子屋が持つ重要な役割

黒糖は皆さまもご存知のように原材料はさとうきびです。

原材料がさとうきびでも、その精製法によって出来上がるものが違ってきます。

当店で使っている和三盆糖も原材料はさとうきび100%です。しかし、黒糖と和三盆糖を食べ比べても原材料が同じだと言うことは知っていなければ全くわからないでしょう。

和三盆糖は食べてみますと、まずその口溶けの良さにびっくりします。そして、和三盆糖特有のコクのある味わいに驚かされます。

和三盆糖に比べて黒糖はより深いコク。そしていい意味でのエグみ。そしてどこか塩分のようなものを感じます。黒糖をそのままかじってみますとよりその良さが手に取るようにわかります。

現在、一般のご家庭ではグラニュー糖や上白糖を使用する事がほとんどで、さとうきび本来の深みのある味を身近に感じる機会が少なくなってきているのではないでしょうか。

和菓子屋はそんな意味合いでも重要な役割を担っているのだと私は常々考えております。


黒糖をふんだんに使用した大島きんとん。

丹波大納言小豆のこしあんを使っていますので、より味わい深いものに仕上がっているのではないかと自負しております。

寒い時期にはぴったりの黒糖。是非一度お召し上がり下さいませ。