松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



孤独とひとり

東京にいる長女からかかってくる電話は部屋で一人きりの時か話す相手がいなくて寂しい時と相場が決まっています。

私の家族は皆いつもガヤガヤとうるさい人たちばかりです、私も含めて。私が一番ガヤガヤとうるさいかもしれません。おそらく皆が口を揃えて言うでしょう。また和菓子屋という商売上、私たちもパートさんたちもせわしなく動き回っているため、落ち着いて一人でいる事があまりなかったのだと思います。

実際に私も娘と同じく、家を出ていた東京、京都での五年間はそのように感じていました。娘から電話がかかってくると毎度そのように感じた事を思い出すのです。

これは「孤独」ではなく「ひとり」なのです。

間違って使ってはいけない言葉でありますし、間違って認識してはいけない事でもあると思います。

先日、娘たちを連れて食事に出かけました。


娘たちと一緒にいる事が私にとってかけがえのない時間であります。娘たちにとっても父である私がどっしりとした揺るぎのない存在である事が安心して毎日を送る事ができる大事な要素の一つであるのは間違いなさそうです。

東京の長女にも電話で「孤独」と「ひとり」の違いを一生懸命伝えましたが、次女と三女にも同じように私の考えを聞いてもらいました。

家族、友人たち、松屋長春で働く皆。全ての人のおかげで「孤独」を味わう事なくいられるのだと感謝しながら生きましょう。

そんな事を今一度考え、娘たちと共有した日でした。

孤独って辛いし寂しい。

私に関わる人たち全てに心から寄り添って生きていきたいですし、自分も色んな方に寄りかかって生きていきたい。

「ひとり」は「孤独」とは全く意味合いが違います。たまにひとりになりたい時もあるでしょう。それは「孤独」とは違うのです。

そう娘たちに一生懸命話をしておきながら「ひとり」もそんなに好きではない私です。

私は性根奥底からの寂しがりやかもしれません。

夫婦を解消して久しくなりますが、「孤独」でなくて本当に良かったと思う今日この頃です。