松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



心はまあるく、お菓子は三角に

花こよみと名付けました。


軽羹の生地をのばして蒸し上げ、三角に畳んだ生菓子です。

中は備中白小豆の粒あん。紅に染めて春色に、キラキラに仕上げました。

春の雰囲気をこの花こよみにギュッと詰め込んだつもりです。

目を三角にするという言葉がありますが、怒りの時間など出来るだけ少なくありたいのは私だけではないはずです。

和菓子は三角でも心は常にまあるく。

イライラは自分にとっても相手にとってもいいものではありません。笑顔が一番です。
今日も素敵だったと思えるように。今日がそんな日であったなら、明日もそんな日になるように。そうして明日以降の毎日がいい日で終われるように。

コツコツと積み重ねです。

さあ、素晴らしい一日のはじまりです。鼻歌交じりでまいりましょう!