松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



シルクのように

前にもこのブログで書いたような記憶がありますが、私は娘たち三人を小さい頃から厳しく育ててきたつもりです。

よく鬼のような形相で叱られたと娘たちも今となっては昔を懐かしむように思い出話をしてくれます。

社会人になってから恥ずかしくないように、人としてのマナーやモラルの低い人間でないようにと心を鬼にしてやってきました。

しかし、その厳しさはずっと続くものではなく娘たちが大人に近づくにつれ、次第に薄まっていき今ではほとんど怒ることはなくなりました。

これは私が父から受けた教育方針をそのままなぞるようにしてきただけでありますが、それが間違っていなかったのだと昨日あらためてそう思いました。


昨日は次女の20歳の誕生日でした。

一生懸命やってきたつもりですが、片親なのでやはり足らないものはおそらく沢山あったと思います。

お互いに心が折れそうになった時にも何とか支え合いながらこれまでやってこられました。

とても感慨深いものがあります。


成人、おめでとう。

今まで以上に優しいお父さんでいるよ。

肌触りのよいシルクのような優しい愛情で