松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



少し趣向を変えて

ちょうどゴールデンウィークを過ぎたあたりでしょうか、私の地元を流れる木曽川の中流域を海から遡上してきた稚鮎の大群が上流へ向かって通り過ぎていきます。

同じように海から上流を目指すサツキマスを釣りに行く私は川へ入るので、驚くような多さの鮎が元気に泳ぐ姿を間近で見る事ができます。

今年もそんな季節がやってまいりました。


鮎の遡上に合わせ、羽二重餅も少し趣向を変えてお出ししました。

ブルーの生地に緑。そして鮎の焼印を施しました。

清流の鮎たちが元気に泳ぎ、苔を食む様をこの菓子から想像していただけましたら嬉しいです。