松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



今週は羽二重餅製の生菓子から

おはようございます。

今週も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。


太古の昔より変わらず日本人に愛されている青海波の文様。

その青海波の焼印をあしらい、仕上げております。

代表的な和柄の一つとして着物や手ぬぐいなどの図案にも頻繁に用いられています。

この青海波、古代ペルシャが発祥のようで、聖徳太子の生きていた飛鳥時代にシルクロードを伝って日本に伝来しました。

「せいかいは」ではなく、正式には「せいがいは」と読みます。

日本人のDNAに自然と組み込まれた美的感覚なのでしょうか。大海原の波をイメージして出来たこの図案ですが、市松、かごめ、千鳥、矢絣、亀甲などの図案と同じくなぜか落ち着くデザインとなっております。

シックでいいですよね。

しばらくの間はこちらの図案の羽二重餅でのご案内となります。