松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



初秋と黒糖

初秋に合う和菓子の食材に黒糖があります。


黒糖を使った葛製の生菓子をお店に並べました。

少し塩気のようなものを感じ、砂糖とはまた違った良い意味で雑味のようなものを持つ黒糖。

特筆すべきはそのコクのある味わいです。

いまの季節はちょうどかわりめ。暑いのか涼しいのかわからない時期でもあります。

ですので、黒糖を使う時はまだ冷やしても食べられる葛を使用するようにしています。

もう少し経って、秋風が心地よく感じる頃に黒糖を使った生菓子をお店にどんどん出していこうかと思案しています。

本日ご紹介の葛製の生菓子は黒糖を使用した和菓子のハシリです。

黒糖好きのお客様。黒糖の生菓子はこれからが本番です。それまで、いましばらくお待ちくださいませ。

黄色と茶色、ときどき緑

昨日、就寝前ギリギリに末娘が

「パパ!明日からお弁当要るからね。よろしくお願いします。」

ギリギリ過ぎやしないかい?

スーパーももう営業していないし。


私は普段、毎日の夕飯の準備の際にお弁当に使えそうなものを小分けして冷凍庫に貯めています。

お好み焼きと焼きそばが残っていたので使います。冷蔵庫にはウインナーとブロッコリーが辛うじて残っていたので使いました。

卵焼きを埋め合わせてなんとか完成しました。

黄色と茶色、ときどき緑の色合わせの見栄えが優れず、炭水化物いっぱいのお弁当になりました。

明日からはしっかり準備しよう。

さあ、三学期がスタートしました。

私のお弁当づくりもスタートです。

毎日優しい気持ちでつくりましょう。

優しい気持ち、それが一番肝心。

葛焼き、今シーズン終了いたしました。

現在、葛製の生菓子は3種類。


夏から秋へとバトンが渡る、そんな季節へと突入したようです。

彼岸花、あかね空、虫の声。