松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



出会いとはこういうもの

自分の感性、フィーリングに合ったものに出会うと電気が走ったようにビビッとくる事があります。

私は絵画がとても好きで、絵画から多大なるインスピレーションの恩恵を受けていると言っても過言ではありません。

美術館へは時間のある限り、足繁く通っているつもりですが、バチっと自分の感性にハマる絵や美術品というものはなかなか出てきません。

先日、ひょんなことからこの絵を知りました。


ムーンライト レーンと銘打たれた絵です。

作者はジョン アトキンソン グリムショーというイギリスの画家です。

満月に照らされた夜、薄明かりの中を親子でしょうか、いそいそと家路につく姿を幻想的に表現した一枚です。

息を飲む静寂を感じます。そこには夜の恐ろしさも感じ得ます。グリム童話のような少しホラーチックに仕上げているようでもあります。

私はこの絵をパッと見た瞬間にとても惹かれました。

なぜなのかは自分でもわかりませんが、何度見返しても飽きさせない凄みを感じました。

出会いとはこういうもの。

自分を惹きつけて離さない絵や人はいつまでも心に残るものです。

こうして特定の絵を好きになったり、特定の人に興味を持ったりするのでしょう。

ジョン アトキンソン グリムショーの絵画を二点ほどご紹介いたします。


最初の絵と同様に夕方から夜にかけての作品が多く見受けられます。また彼は満月にも随分と執着していたようで、多くの満月の関連作品をこの世に送り出してきました。

いい作品に出会うことができました。

この絵との衝撃的な出会いでしたが、皆さまはこの絵を見られてどうお感じになられたのでしょうか。
感受性は人それぞれ。受け手によって違うものです。
どうお感じになられたのか、とても興味深く感じます。

絵っていいですね。たった一枚の絵ですが、そこにたくさんの物語がぎっしりと詰め込まれています。