松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



栗蒸しようかん



栗蒸しようかんがお店に並びました。

先日ご紹介しました栗ようかんとは名前こそ似ていますが、全くの別物であります。

軽羹とモチモチの食感が特徴である蒸しようかん。もちろん栗もたっぷり入れて仕上げました。

栗ようかんは1本売りなのに対し、こちらの栗蒸しようかんは一個ずつの販売です。

栗真っ盛りとなってまいりました。

いも

今年の十五夜は10月1日です。

十五夜は中秋の名月とも言います。

中秋の名月は旧暦の8月15日の満月という規定があります。旧暦で言うところの秋が7月、8月、9月。秋3か月のうちのちょうど真ん中が8月なので中秋の名月となったわけであります。

中秋の名月にはお供え物が必須。すすきは一般的にとても有名で広く知れ渡っていると思いますが、他にも秋の収穫を感謝し、収穫された農産物を同時にお供えしたのです。

枝豆や栗などと並んでお供えされたものに里芋があります。

そんなところから十五夜や中秋の名月と同じように芋名月とも呼ばれるようになりました。

いくつも呼び名があると迷ってしまいますけれども。



里芋を模した和菓子がお店に並びました。

私の修行先である京都の末富時代につくっていたものと同じデザインです。

同じデザインのものをこうしてつくっていると、鼻先を優しくくすぐるような懐かしい気持ちに包まれます。

そのために私は末富で覚えた和菓子を一年で何種類かお店に並べることにしているのかもしれません。

ミスター金麦

ビールをたくさん飲む我が家は、一般的に言われている「ビール」と呼ばれるものは金銭的にスイスイと気軽に飲めません。

外食に行った際にだけ、自分へのご褒美として正式なビールを飲むようにしています。

経済的にも優しくて、気兼ねなくおいしく飲めるのはどんなものがいいのか。

試飲を重ねた上、安い新ジャンルの金麦が一番美味しいというところに行き着きました。

それからはずっと何年も金麦ばかり家では飲んでいます。

近くの酒屋さんの広告が入ると一気にケース買いをするのですが、たくさん買うので店員さんに覚えられてしまいました。

買いに行く度に店員さん全員に挨拶されてしまう始末です。

「こんにちは、松屋長春さん」と。

どうして私のお店の名前まで知っているのでしょう?自己紹介したわけでもないのに。。。

おそらくお店の中では松屋長春さんではなく、ミスター金麦!とか呼ばれてるんだろうなぁ。

とても恥ずかしい。

#和菓子

#羽二重餅

#松屋長春