松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



さといも

九月に入りますと、あっという間に十五夜がやってきます。




今年は9月21日が中秋の名月を愛でる日となります。




この日は美しい月がみられる事で広く知られていますが、今は綺麗なお月さまを眺めるだけで、昔の人々のように御供物をする習慣は薄れてしまってきているように感じています。




まぁ、そうですよね。




収穫を感謝する意味合いのある御供物は、まず収穫に携わっておられる、家に田畑のある人々の行事であります。




スーパーや八百屋さんで食材を買い求める事がほとんどの私たちにとっては無縁のものとしてだんだん忘れ去られていってしまうのかもしれません。




私の役割は十五夜の日が近づいてくると、十五夜にまつわる和菓子をつくり、その説明をできるだけ細かく記して多くの方々に広く知っていただく事であります。




地道な活動が少しでも実を結んでいって欲しいと思っています。




さて、本日ご紹介の和菓子は












「芋名月」




十五夜の別名である「芋名月」は、収穫に感謝して里芋をお供えすることからこう呼ばれています。




見たまんまですが、里芋を模してつくっています。




十五夜が過ぎる頃にはもうお店に並ばない短期間だけの和菓子です。