松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



ごんぼ

今年もお正月に販売します花びら餅に使うゴボウの仕込みが始まりました。








綺麗にゴボウを洗って茹で上げ、それを花びら餅に使うサイズまで切り分けてから糖蜜に漬け込みます。








とても美しく仕上がりました。




このまま冷蔵庫でしっかり寝かせて、12月29日からの販売スタートまで安定させます。




丹精込めて仕上げたゴボウは、缶詰のものとは雲泥の差であります。




今年も楽しみにしていてください。




話は変わりますが、ゴボウのことを私の祖母であるよしこさんは「ごんぼ」と言っていました。




尾張地方だけの方言でしょうか。




わかりませんが、大好きだったよしこさんへのリスペクトの意味を込めて、私もゴボウの事を「ごんぼ」と呼ぶようにしています。

沈むことのない太陽




久しぶりに長女が一泊限定で帰ってきました。








最近、次女も三女も仕事と大学でなにかと忙しくて、なかなか家族全員揃うことがなかったのですが、長女が帰って来たこの日は奇跡的に両親も合わせて6人全員が笑顔で揃った、とても幸せな日となりました。




娘たち三人は私にとってかけがえのない、沈むことのない太陽であります。




父親である私を明るく照らしてくれる、眩い太陽であります。




娘たち久しぶりに三人揃う時、頑張ってきてよかったと思える瞬間がやってきます。




片親でもこれだけやってこられたという自信のような感情も沸々と湧き上がってくるのです。




「自分よ、ここまでよく頑張ったな。でもまだまだこれからだぞ。もうちょっと歯を食いしばってガンバレ。」




娘へお店をバトンタッチできるまで、また頑張ろう。




そう決心した夜でもありました。




さあ!今日もガンバロ。

かき

牡蠣。




私の大好物ベスト5に入っている食べ物です。




真冬に近づき、牡蠣が大きくなってきたので今年二回目の牡蠣フライをつくりました。
















タルタルソースも自家製。




少し前に話題になった伊勢谷友介監修の包丁です。とっても使いやすくて気に入ってはいます。












玉ねぎとピクルス、そして乾燥パセリを入れて仕上げます。




揚げたてを熱々のうちに家族みんなでいただきました。




味噌汁は豆味噌で濃厚にでかして、先日いただいた「イクチ」を投入して食べたところです。












家族みんなテーブルを囲んで食べる料理は格別です。




牡蠣。やっぱり大好きです。 




柿も大好きなのですが今年はたくさん冷蔵庫に入っていて、少し辟易しているところです。




たとえ大好物でも溢れるほどあってしまうと、言い方は悪いですがちょっとうんざりしてしまいます。




こんな私は罰当たりでしょうか。