松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



クライマッチョ

映画「クライマッチョ」を観てきました。








クリントイーストウッド監督主演映画、それも監督をするようになってからちょうど50周年の記念作品ということもあって、余計に期待一杯喜び勇んで椅子に座った次第です。




クリントイーストウッドと言えば、マカロニウェスタンと呼ばれる西部劇(荒野の用心棒)やダーティハリーなどの派手な銃撃ものが印象深くイメージとして残っていますが、実際に監督になってからはおそらく自分がもともと追い求めていた人と人の絆、心の結びつきを題材にしたものを常に扱ってきたように思います。




あらすじは敢えてここでは書かないようにと肝に銘じておりますが、今回も家族の新しいかたちを垣間見させてもらい、強く胸を打つものがありました。




91歳を迎えて尚、人の心を揺さぶる作品をつくり続ける彼の貪欲さに感激しているところです。




「死ぬまで現役」




そう常に考え実行している父と彼が私の中で重なり、尊敬の念が余計に湧き上がってきます。




今回が最後の作品かもしれない。そう巷では言われていますが、これからももっともっと人間味溢れる作品を私たちに提供し続けて欲しいと願って止みません。




今回の映画を締める最後の曲、イーディーゴーメが歌う「サボール ア ミ」とオーラスの情景がとてもゴージャスでエレガントで。




今回、クリントイーストウッドが観客に一番見せたかった場面ではなかったかと私はそう思っています。




「一番好きな監督は誰?」




そう聞かれたら真っ先に




「クリントイーストウッド監督です。」




私は迷いなくそう答えるほど彼への愛で一杯です。




私が観た回は観客は私たった一人でした。








オミクロン禍が吹き荒れている今なので安心した反面、もっと多くの人に観てもらいたいと思っています。




彼がつくり上げる映画はみな、若い方々にはなかなか伝わらないものもあるかもしれませんが、私のような人生半分過ぎたようなオジサンには含みや深みが多く劇中に潜んでいて、じわじわとボディブローのように効いてくる素晴らしい映画たちなんです。




監督、いつまでもお元気で。




私はいつまでもあなたを追いかける所存であります。

はやくこい

とても寒い朝です。




人によって感じ方は違いますので何とも言えませんが、父は「今年一番の寒さだ!」と申しております。




私はそうは思わなかったのですが。




本日ご紹介しますのは「きんとん」製の生菓子です。








春のあたたかさ、リズミカルな音符のような軽快な春の調べを表現しました。




「まだまだ春は遠いぞ!」そんな風に肌では感じてしまう今日この頃ではありますが、気持ちのよい春を心待ちにしながら生活したいと思うのは誰でも同じことでありますよね。




ああ、やっぱり寒い!




今年一番ではないけれど、二番目か三番目くらいの寒さだわ!




春よこいこい、はやく来い。

さくらもち

草餅に続き、桜餅の販売も開始いたします。











さっぱりした口溶けの良さが特徴の北海小豆のこしあん。そしてもっちもちの食感の道明寺のバランスが秀逸な初春の生菓子であります。




桜葉のかおりが春の到来を感じさせてくれます。