松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



栗きんとん、本日よりスタートです。

おはようございます。

栗きんとん、本日開店とともにお店に並びました。


とてもいい出来栄えです。



昨日の続きですが蒸し栗の中身を掻き出し、砂糖と合わせてもう一度火を入れて炊き上げて完成ささます。

栗は見ただけではなかなかその良し悪しがわかりません。慣れてきますと外観だけでおよその良し悪しがわかるようになるのですが、パッと見だけではやはりわからないと思います。

しかし、蒸した際の栗の匂いや半分に割った時の栗の色合いなどから栗の状態がはっきりとわかってきます。

つまり、栗あんが仕上がる前にその日の出来具合は栗のその日の良し悪しで決まってしまうのです。

余計に栗の目利きが必要になってくるというわけです。

美味しい栗きんとんを作るには職人の腕というよりも職人の目の方が大切であると思います。

まずはいい栗をしっかり選べた事にホッと安心しているところです。