松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



特殊なあんです

季節は秋。

秋に突入しますと、肌に感ずる感覚も味覚にも少し変化が出てきます。

夏場は冷たい食べ物や食欲減退を少しでも増進させるような喉越しが良いものを好んで食べていましたが、涼しくなりますとしっかり目の味付けのもの、濃いめの味わいのものが多くなってくるようです。

私はビールが大好きですが、そのビールにもそれが顕著に出てきます。夏はホップの効いた爽やかな味わいでアルコール度数も低めの設定のものが多く、秋になればそれが一気にアルコール度数が高めになり、味も濃厚なものに取って代わります。

このように気づかないようですが、季節によって人の五感は敏感に反応するのでしょうね。

和菓子の世界におきましても少しずつ変化してまいります。

本日の表題「特殊なあん」は丹波大納言小豆から仕上げたあんの事です。


色味の濃い、大粒の丹波大納言小豆です。北海道の小豆とは明らかに違う外観。

この丹波大納言小豆を少しもったいないような気がしますが、こしあんにしたものが本日ご紹介のこしあんなのです。


こちらが絞ったばかりの丹波大納言小豆の生あんです。


仕上がったあんがこちら。

色目も非常に濃く、味も濃厚でうまみも充分です。

この丹波大納言小豆の生あんから沖縄産の黒糖を使用した大島あん、そしてプレーンのあんが出来上がります。また、羊羹などもこの生あんから仕上げます。

このあんはこれから冬にかけての限定のものとなります。それは最初にお話しました通り、季節にマッチした色や味となっているからです。

このあんを使った商品も多く店頭に並びました。

ご興味を持たれましたお客様におかれましては、店頭にておたずねくださいませ。