松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



台風が私にもたらしてくれたもの

今日は早くお店を閉めさせていただきました。

片付けが終わり、大掃除も終わり、それでも時間が余ったので何年かぶりに母が包丁を握りました。


母は調理師の資格や栄養士の資格も持っています。

しかし、普段は私に食事を任せています。

本当は料理が得意なのに自分は職人として和菓子づくりに専念しているからです。

家族はそれぞれの役割があります。それぞれの役割を果たしていればそれでいいのです。

現在の形は私が食事担当ですが、久しぶりに。本当に久しぶりに食べた母の作ってくれた夕飯は最高でした。

これが母の味なんですね。胸がちょっと熱くなりました。