松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



正月の準備 ごぼう編

あと半月もしますとお正月。

若かりし頃は冬休みが待ち遠しくて待ち遠しくて。そしてお正月のお年玉も楽しみで仕方ありませんでした。

しかし、大人になって和菓子屋という仕事を持つようになりますと、そうも言ってはいられません。

私たちの仕事は世間一般の方々がお休みの時に忙しいのが常であります。お正月、ゴールデンウィーク、お盆などはその代表でありますし、土日祭日もやはり仕事であります。

お正月が近くなりますと、様々な下準備にも追われてきます。

今回はごぼうのご紹介です。


細めのごぼうを選定し、しっかり洗ってから長さを揃えて切り分けます。


次にしっかり灰汁抜きをして柔らかく煮上げます。


花びら餅に使用する大きさに切り揃えて蜜漬けします。

ごぼうを洗ってからざっと四日間で仕上げです。とても手間がかかる仕事ですが、このごぼうも自分で仕上げないといい花びら餅は出来上がりません。

缶詰でも簡単に手に入る花びら餅のごぼうですが、食感や味わいが随分と手づくりのものに比べ劣ります。手作業で作り上げたごぼうはとても柔らかく、味わいのスッキリさが秀逸です。

食べ比べるとその違いは歴然です。

このごぼうを使った花びら餅は今月29日より販売開始いたします。