松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



一年ぶり

一年ぶりにたけのこを掘りに行ってきました。

友人、割烹ほそのさんのご実家の竹林へ、懐食しばたさんと。


今年はなかなかたけのこが見つけられません。去年、たくさん採れたのでその反動なのかもしれません。


昨日は雲一つない素晴らしい晴天に恵まれました。


竹林で聞く春の調べは他の木々とは違った心地よい音があります。

竹が風に揺れ、それがなんとも優しい音色を奏でるのです。

そして竹と竹の間から差す透明な光。隙間から望む景色までもがとても美しく見えます。

体いっぱいに春を感じてきました。


採れたたけのこ。割烹ほそのさんが仕上げているところを撮らせてもらいました。

たけのこはアクが出るのが早いので米ぬかを加えて茹でるのが一般的だと思いますが、新鮮なものはそのまま剥いて綺麗に切り分け、和出汁で直炊きするのが一番だそうです。