松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



石の上にも

五月五日の端午の節句が終わりました。

松屋長春も支えてくれる皆さんの頑張りのおかげで無事にこの繁忙期を乗り切る事が出来ました。皆さんの助け無くして松屋長春は成り立ちません。もちろんそうでありますし、常にいつもそう心に留めております。

皆さん、本当にお疲れ様でした。そして本当にありがとう。

また、今年は次女と三女もフルスロットルで活躍してくれました。そして義妹と姪の二人も一生懸命お手伝いしてくれました。

この松屋長春という小さくてもとても重い船を全員が同じ気持ちで漕がなければ、か弱い船などあっという間に沈んでしまうでしょう。

今までお店を支えてくれた全ての皆さんの頑張りの上に創業84年の松屋長春がある事を忘れてはいけません。

そのような事に思いを巡らせると感謝の一文字しかありません。


東京の和菓子屋で働く長女も私たちと同じように、ゴールデンウィークは朝2時前からの出勤だったそうです。

よく頑張って乗り切ったね。

そう、労ったところです。

大変な事でしょうが、それを乗り越えて我慢を知り忍耐力のある人間へと成長するのだと自分を鼓舞して頑張って欲しいものです。

石の上にも三年。

三年、そしてまた三年と続けることによって長い長い歴史が出来上がるのです。

頑張れ!

私も負けないよう頑張る。