松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



舌が出るほど

おはようございます。

今週も変わらずのお付き合いをよろしくお願いいたします。

製餡がたいへんな季節に突入してまいりました。

真夏のとても暑い日はもちろん汗だくで辛いのですが、梅雨に入ってからのジメジメした湿気が多い中での作業はじわじわとボディブローのように体力を奪われるものです。

犬のように舌が出てしまうほどであります。


今週のスタートは備中白小豆こしあんから。

芯まで火が通ったことを確認してから、小豆の皮と中身であるこしあんのもととに振り分けます。

それから水で何度もしっかり晒して絞ります。

和菓子職人は重たい仕事も多いです。しっかり食べて体力つけて頑張ります。

明日は絞り終えた後から仕上げまでのご紹介をしようと思っております。