松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



礼節と優しさ

先ほど、女子テニス選手の大坂なおみさんの試合が終わりました。


私は大坂なおみ選手が大好きです。

彼女は今日、残念ながら負けてしまいましたが、彼女の立ち振る舞いやインタビューの受け答え方にいつも感銘を受けています。

気持ちや闘争心を前面に押し出すのはいいけれど、プレー中の態度やプレー後のインタビューも果たしてこれでいいのかなぁ?と疑問を持ってしまうアスリートも少なくない中、礼節を重んじ、優しさに溢れる彼女を見ると、やはり人の注目を集めている人は余計にこうでなければならないのだといつも頷かされます。

今日の試合中でも、ボール拾い担当の男の子や女の子に対する接し方が優し過ぎて心が温かくなったところです。あのような接し方をするテニス選手は他にいません。

人は強くなったり、立派になったりすると自分の中に勘違いみたいなものが生じ、時に間違った方向に進んで行きがちになるものです。

しかし、礼節をわきまえ他人への優しさをいつまでも忘れてはならないものだと思いますし、そうでなければ人とはいいお付き合いが出来ないのだと考えています。

そんな意味でも大坂なおみ選手は私の素晴らしいお手本であります。

ここで注釈が必要ですが、私は強くもなく立派でもありませんが、一人間としての立ち振る舞いにおいての考え方です。

大坂なおみ選手、これからアメリカと日本のどちらかの国籍を選ぶ事になります。

日本人が現在、失いつつあるものをしっかりと知る彼女には是非日本国籍を選んでもらいたいと切に願っております。

これからの大坂なおみ選手の更なる飛躍を期待しています。