松屋長春の和菓子便り

尾張稲沢の和菓子店、松屋長春の毎日を皆様にお届けします。 末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。



映画 ハクソーリッジを観て

映画

ハクソーリッジを観て


名優は時にして名監督となる。その最たる人がメルギブソンだと納得できる映画でした。

第二次世界対戦を題材にしたこの映画は、沖縄県浦添市の前田高地を舞台に物語は進んでいきます。

自分の生い立ち故に信念を一切曲げない主人公。ストレートに問題を投げかけてくれます。

なかなか理解を得られないまま、主人公はその意思を貫くわけでありますが、最後にはやっとの事で理解を得られる事となります。

心を大っぴらに広げて人と接するのはとても勇気の必要な事と思います。何故ならそれが誤解を招く事も多いからです。

しかし、オープンマインドを実践した暁にはしっかりと自分の事を理解してくれる同士が集まる結果に結びつくのだと信じて止みません。

私の思うところと重なった映画に出会うことができ、再確認するとともにどこか安心感のような感覚を覚えた次第です。

信ずるところを守り、それを受け入れてくれる人がいる。

全てが正解ではないでしょうが、信ずる道をひたすら歩むのも幸せへの近道なような気がしました。

ここ何年かで観た映画の中ではナンバーワンと言っても過言ではない私のお手本となるものとなりました。

名優、名監督とはならず。

それは迷信であると考えています。

野球にも例えられると思いますが、名選手は必ず名監督にも必ずなれると信じています。

それは己をよく知り、考えをそのまま体現できる懐があるのかにかかっていると思います。

メルギブソンやクリントイーストウッドのような名優、名監督にはいつも大きな多大な影響を受けています。

得るものが大きい影響力大の刺激の強いものから勉強したいこの頃です。